|    | 
 HOME >> 企業情報 >> 会社沿革

1953 我国で初めてチップの工業の企業化に成功
1955 中国チップ工業叶ン立、広島県より発明研究奨励金を受ける
1957 中国財務局より旧海軍用地の払い下げを受け広工場建設
1961 社団法人日本木材加工技術協会より木材加工技術賞を受賞
1967 関連会社マルホ木材工業鰍設立、北洋材製材を開始
1969 中国チップ工業鰍中国木材鰍ニ商号変更
1976 呉市虹村工業団地内に虹村工場(現第5工場)建設、稼働開始
1977 全工場を改造し米材、北洋材両樹種製材体制確立
1983 新工場用地取得、本社を移転し、第一期工事に着手
1983 本社工場第一期工事完成、稼働開始
1984 大阪センター開設
1985 東京センター開設
1986 関連会社潟}ルホ、岩国工場を引継ぎ稼働を始める
1987 第七工場完成し稼働を開始
1987 東北センター開設
1988 第八工場完成し稼働を開始
1988 名古屋センター開設
1989 樺国木材バースを中国木材工業鰍ニ商号変更し新体制が発足
1989 東海センター開設
1989 乾燥平角「ドライ・ビーム」製造開始
1990 岡山営業所を移転し、岡山センターとする
1992 本社に38,000tバース完成
1994 乾燥平角「ドライ・ビーム」の商標登録が認証される
1995 第5工場(乾燥・プレカット工場)完成
1997 郷原工場(乾燥・集成・プレカット工場)完成
1997 米松集成材「ラミナ・ビーム」JAS認定取得
1998 中国木材工業鰍ニ合併
2000 米松集成材「ラミナ・ビーム」改正JAS第1号として認定取得
2000 ISO9002:1994 品質保証システムの認証を取得
2001 東海センターを東海事業所とし関東でプレカット事業を開始
2002 乾燥平角「ドライ・ビーム」JAS認定取得
2002 杉とベイマツを使用した異樹種集成材「ハイブリッド・ビーム」が日本で初めてのJAS認証取得
2002 ISO9001:2000 品質マネジメントシステムの認証を取得
2003 伊万里事業所開設
2003 創立50周年記念各種行事を開催
2003 名古屋センターを名古屋事業所としプレカット事業開始
2004 伊万里事業所にて集成材事業開始
2004 伊万里事業所にてプレカット事業開始
2005 本社5,000kwバイオマス発電設備稼働
2007 鹿島工場にて製材工場・乾燥加工工場稼動開始
2008 神之池バイオエネルギー潟oイオマス発電稼働(鹿島工場内)
2009 ISO9001:2008年版を取得
2010 北広島工場稼動
2010 宮の郷木材事業協同組合設立
2011 宮の郷木材事業協同組合工場稼動
2011 PEFC-CoC森林認証を取得
2012 鹿島集成材工場(小・中断面)竣工
2013 鹿島集成材工場(大断面)竣工
2014 宮の郷工場稼動開始(2月28日)
2014 日向工場 製材工場稼動開始(10月31日)
2014 日向工場 乾燥加工工場稼動開始(11月10日)
2015 組織変更、役員変更(2月1日)
2015 長良川木材事業協同組合工場稼動
2016 SGEC-CoC森林認証を取得
2017 ISO9001:2015年版を取得
2017 SGEC/PEFC-CoC森林認証を取得