|    | 
 HOME >> 能代工場 建設進捗レポート

 Vol.1(2022. 4. 26 )

中国木材は、秋田県能代市に敷地面積303,000平方メートル(約9万坪)の工場を建設予定です。
ここでは、その能代工場の建設状況を定期的にお伝えしていきます。



工場建設予定地

建設計画(予定)

2022年3月土地取得

2022年4月
造成開始←現在

2024年1月製材工場試運転開始

2024年3月加工工場試運転開始

2024年10月集成材工場試運転開始
【工場概要】

所在地 秋田県能代市扇田字扇渕
      能代工業団地内

敷地面積 303,000m2 (約9万坪)


能代工場は、地元秋田県から原木を集める国産材工場で、
2024年1月に製材工場、続いて3月に加工工場、10月に集成材工場を稼働させる予定です。
2014年から稼動している宮崎県の日向工場をモデルとし、
製材で出る樹皮やオガ、廃材等を発電や乾燥に使用して工場内のエネルギー供給を賄い、
国産材を無駄なく活用できるシステムを構築します。

4月中旬の秋田県は桜が咲き、能代工場予定地前の道路でも満開となっています