|    | 
 HOME >> 企業情報 >> 事業拠点




中国木材は、全国14ヶ所の物流と情報のネットワークで、変化する市場のニーズに対応できる
供給体制を構築しています。

目まぐるしく変化する市場の動向をタイムリーに把握して、生産物流体制を強化し続けています。

 
 


 



   

※MAPの各事業所をクリックするとgoogleMAPで所在地の具体的位置が分かります。

※印刷時、日本地図が印刷されない場合は、ファイル→ページ設定→「背景の色とイメージを印刷する」に を入れて下さい。



各拠点の所在地はこちら
本社
日本最大の生産能力を誇る製材工場です。そして常に、品質、精度、安全性の向上やコストダウンにつながる設備の改善を積極的に行っています。原木の大量輸入システム、巨大な生産を支える最新の製材・加工システム、製品の大量配送システム、そしてそれらのシステムをリアルタイムで結ぶ情報ネットワークが高いパフォーマンスを実現しています。
 本社工場MAP

本社
木材に新たな息吹を注ぐ二次加工の拠点として誕生した郷原工場。さらに環境問題を考慮した木材の付加価値の追求や高品質の住宅用部材の必要性から、乾燥材「ドライ・ビーム」、集成材「ラミナ・ビーム」、「プレカット」加工への本格的な取り組みが開始されました。それらは原材料からの徹底した品質管理体制とスケールメリットを活かすことにより、高品質で且つコストパフォーマンスの高い製品の生産が可能となりました。
郷原工場MAP

本社
世界最新鋭の設備を導入し、本社工場・郷原工場と同等の生産能力を誇る新工場が稼動を開始しました。北米の原木調達地から関東市場までが大幅な物流短縮となり、大きなコスト競争力の向上を見込んでいます。さらに新たな拠点の確保は天災などの万一の際の備えにもなり、お客様への供給責任を充分果たしていくことができます。
鹿島工場MAP

本社
2003年春、九州初の物流拠点となる伊万里センターを開設し、タイムリーな配送を可能にする供給体制を整えることができました。2005年、国産スギとベイマツを組み合わせた異樹種集成材「ハイブリッド・ビーム」の生産を開始。伊万里事業所は、最新鋭国産材製材システムを持つ西九州木材事業協同組合と、原木集荷など幅広いネットワークを持つ伊万里木材市場株式会社と共に、原木集荷から製材・乾燥・集成・プレカット・流通までを一貫して行える木材コンビナートを形成しています。

伊万里事業所MAP
伊万里木材コンビナート

本社

名古屋事務所棟
2003年グッドデザイン賞受賞
2006年日本建築学会作品選奨受賞
2002年夏、名古屋センターを現在の地へ移転。広大な面積を誇る敷地にてお客様への即納体制を充実させました。2003年にはプレカット工場が稼動し、中部地方を中心に近畿から北陸への供給体制も整い、お客様のサポート体制も万全となりました。これまで培ってきたプレカットの技術をもとに総合的に提案できる営業展開を目指します。

本社
2001年夏、新たな時代のニーズに応えて従来の物流センターの機能に加え、プレカット工場の稼動を開始しました。恵まれた敷地や港を有効に利用し、お客様のよきパートナーとして関東地区におけるプレカット事業を展開しています。