|    | 
 HOME >> 環境 >>国産材への取組み



国内では大量に植林されてきたスギをどう活用するかが大きな課題となっています。近年、日本は木材の多くを輸入に頼っており、国産スギは使用用途が少ないこともあって林業の採算は厳しいのが実情です。このままでは、日本の林業はますます衰退の一途をたどることになります。一方で、国内のスギは充分な量が保有され毎年その量は増加し続けています。
中国木材では、必ず国産スギが見直される時代が来ると考え、スギとベイマツによる異樹種集成材の開発に取り組んできました。ハイブリッド・ビームは、今まで利用できないと山に放置されていた曲がり材や欠点材、さらに間伐材までを積極的に活用します。森の資源を上手に活用しその経済価値を高めることは、森林の整備や植林を含めた持続的活性化に繋がり、ひいては温室効果ガス削減にも大きな意義を持つものです。









京都議定書では、2012年までに日本の二酸化炭素の排出量を1990年の水準より6%削減することを約束しています。そのうち3.9%を、日本国内の森林による二酸化炭素の吸収量を増やすことで達成しようとしています。林野庁では2005年度から、国民運動として「木づかい運動」の取り組みを開始しました。国産材の積極的な利用を通じて山村を活性化し、二酸化炭素をたっぷり吸収する元気な森林づくりを進めようとしています。
中国木材も、国産材を積極的に活用し、地球温暖化ストップに繋げたいと考えています。